病院案内 ABOUT

看護部

看護部長田中裕子

質の高い看護の提供と
スタッフのやりがいを目指して

当院は、整形外科単科の病院でありますが、高齢者の方々はもとより、壮~中年期の方々の患者さんが比較的多い、地域に密着した病院です。

看護部は、患者さんが安心して療養生活を送ることができるよう、患者さん1人ひとりを尊重した看護の実践に努めています。
また、新人看護職員研修・プリセプターシップ等を取り入れた教育体制を充実させ、個々のキャリアアップを図っています。

医療や介護、福祉の需要が高まる中、看護職員がやりがいを持ちながら長く働ける職場作り、多職種との協働により患者さんや家族に寄り添い患者さんが安心して医療サービスを受けていただける看護を提供し、さらなる退院支援を充実させ、看護の質の向上に図り、理念実現を目指していきたいと思います。

看護部理念 NURSING DEPARTMENT PHILOSOPHY

患者さんの人権を尊重し、信頼と思いやりのある看護を提供します

基本方針
  • 1. 地域の人々の信頼を得る医療を提供します。
  • 2. 充分な説明のもと、安全・安心な医療を提供します。
  • 3. 患者さんの権利を尊重し、満足していただける質の高い医療を提供します。
  • 4. 職員は病院の理念に基づいて、各自の専門技術の向上に努力します。
  • 5. 地域の医療機関との連携をはかります。

仕事環境

  • プリセプターシップ
    当院では、総合的で継続性がある地域医療を担える看護師を育成しています。 卒後研修は、看護師1人につき1人のプリセプター方式を採用しています。 看護技術や患者さんへの対応など、細やかなアドバイスを行ない、チーム全体で研修をサポートしています。
  • ワーク・ライフ・バランス
    スタッフ各々のワーク・ライフ・バランス(仕事、子育て、個々の趣味、家族の介護など)の実現を目指し、環境づくりを積極的に取り込んでいます。制度だけではなく、スタッフがお互いに声をかけあう機会を増やしたりと、スタッフ一人ひとりが意見を出しやすく風通しの良い雰囲気作りにも力を入れています。

外来

副看護部長 佐藤 直美

副看護部長佐藤 直美

外来は10名の看護師と1名の看護助手で診療の補助を行っています。私たちスタッフは『一期一会』をモットーに患者さん一人ひとりとの出会いを大切に、診療中に医師に聞けなかったことや不安を解消していけるように努めています。
待合室には小さくではありますが子供の遊べるスペースを設けています。診療や検査中は、状況に応じてスタッフが子供を預かりますので小さな子供や赤ちゃんがいてなかなか病院を受診できない方も安心してご来院ください。

来院された患者 さんを中心にスタッフが一丸となって、常に同じ目線で診療、治療にあたります。どの診療科を受診したら良いかお悩みの方は外来看護師までお尋ね下さい。

一般病棟(2・3階)

看護師長 古川 奈津

看護師長古川 奈津

当院の2・3階にあり、手術や急性期の治療を中心に行なう病棟で、早期離床に心掛けています。幼児から100歳近い高齢者の方、スポーツ選手など様々な患者さんが入院されています。検査・手術に不安を感じられる患者さんは多くおられますが、「自分の家族を看護している気持ち」で患者さんに接することを心掛け、 その不安が少しでも取り除けるように努めております。

療養病棟(4・5階)

看護師長 上野 明美

看護師長上野 明美

当院の4・5階にあり、急性期治療を終了し、すぐには住宅や介護施設等への退院に不安がある患者さんが「住宅復帰に向けた準備を整える」病棟です。
患者さんやご家族のご意向を確認しながら多職種との連携を図り、笑顔で退院して頂けるように、共に考え寄り添いながら、スタッフ一丸となってサポートさせていただいております。
また入院生活中にも季節を感じていただけるように年中行事の開催も行っております。

手術室

手術室
年間、約600例の手術を5名の看護師と1名の看護助手で対応しております。
手術室は2部屋あり、手術は整形外科が月・火・水・木・金曜日、形成外科が水曜日の午後に行っております。手術を受けられる患者さんの不安を少しでも和らげるために、私たち看護師は手術前に病室に伺い、患者さんのお世話をさせて頂いております。