病院案内 ABOUT

ご挨拶・理念

病める人の身になって、
心のこもった医療を提供します。

理事長 南川 博道

南川整形外科病院は、昭和33年にこの姪浜の地で「南川医院」として私の父南川勝三が開設して以来、地域に根付いた医療を行っております。
姪浜地区は地下鉄、都市高速からのアクセスも非常によく駅周辺、特に駅南はマンションも多く人口が増加しております。

当院は現在、整形外科、内科、形成外科、リウマチ科、リハビリテーション科の診療科を持ち、一般病床60床、地域包括ケア病床45床、療養病床12床の計117床を有しています。整形外科を主とした病院で、救急告示病院でもありますので、一般整形外科のみならず、スポーツ整形外科、交通外傷、労災事故にも対応しております。
各々の疾患については、肩関節、手・肘関節、膝関節の各専門医が患者さん一人一人に現在の医療水準で最も適した治療法(保存的・手術的治療)を、本人の同意を得て、選択しています。
また、整形外科の治療には、その機能回復のために、リハビリテーションが非常に重要であり、理学療法士および作業療法士が日々自分の持っている技術を充分に生かして患者さんの機能訓練に当たっています。

「病める人の身になって、心のこもった医療を提供します。」の病院理念にそって、これからも職員一同努力して参りますので、宜しくお願い申し上げます。

術前から術後にわたり、
迅速で最善の医療の提供を

病院長 櫻木 孝二

「健康」は、私たちが毎日の快適な生活を送る上で欠かせないものです。
最近、スポーツ選手や芸能人の病気が相次いで報告され、その中には「どうしてもう少し早く診断され、治療がされなかったのだろう」と思われるケースもあります。
診断や治療が遅れるとそれだけ治療期間が長くなり、社会復帰も遅れるからです。

当院は必要であれば、初診当日にCTやMRIを撮り、早期に診断を付け治療方針を決定します。
各専門医が一般外傷や骨折、手の外科、スポーツ障害を対象とした肩関節、膝関節の関節鏡視手術などを中心に急性期の治療を行っています。当院の一日の外来患者数は約200人、一年間の他院からの紹介患者数は約200人、平成29年度の年間救急患者搬入数は186人、年間手術数は697例です。局所麻酔以外のほぼ全例を麻酔科専門医が担当しますので、安心して手術治療を受けていただけます。

術前は3D作成が可能なヘリカルCT(60件/月)と1.5テスラの高性能MRI(120件/月)を撮り、十分な議論のうえ治療方針を立て、急性外傷は一週間以内の手術を目指します。
術後はリハビリの綿密な計画を立て、早期からリハビリ治療を行います。スポーツ選手用のトレーニング室も完備しています。より高度な専門的治療が必要な場合は、時期を失することなく早期に大学病院などの高度医療機関をご紹介します。

今後の目標は、急性期の医療をさらに充実させるべく、救急医療の受け入れ態勢を整えたいと考えています。
職員一同、最善の医療の提供が出来るように努めてまいりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

医療理念

医療理念 COPORATE PHILOSOPHY

病める人の身になって、心のこもった医療を提供します

基本方針
  • 1. 地域の人々の信頼を得る医療を提供します。
  • 2. 充分な説明のもと、安全・安心な医療を提供します。
  • 3. 患者さんの権利を尊重し、満足していただける質の高い医療を提供します。
  • 4. 職員は病院の理念に基づいて、各自の専門技術の向上に努力します。
  • 5. 地域の医療機関との連携をはかります。